FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「素晴らしいセックスが24時間、週7日楽しめることを想像してみてくれ」…未来の人間はセックスロボットと恋に落ちる? 

1 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2008/02/14(木) 17:31:50 ID:???0
「素晴らしいセックスが24時間、週7日楽しめることを想像してみてくれ」…未来の人間はセックスロボットと恋に落ちる? 「今晩どう?」「今夜はいや。ロボットとどうぞ」――。恋人とのこんな会話が、SFや未来の世界ではなく今世紀中に交わされるようになるかもしれない。

 こう考えるのは、性研究と人工知能の教授で『Sex with Robots: The Evolution of Human-RobotRelations(ロボットとのセックス――人間とロボットの関係の進化)』の著者でもあるデービッド・レビー(David Levy)氏(62)。同氏は、21世紀半ばまでには「電子化された魔性の女」、つまりセックスボットが人間生活の一部として受け入れられると予測。「素晴らしいセックスが24時間週7日楽しめることを想像してみてくれ。人間はロボットに恋さえするかもしれない」と語る。
(中略)
 とは言え、人間とロボットの差を判別できなくなるまでには長い時間がかかることはレビー氏も認めるところだ。米スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督の2001年の作品『A.I.(Artificial Intelligence: A.I)』でジュード・ロウ(Jude Law)が演じたセックスロボット、ジゴロ・ジョー(Gigolo Joe)のように、セックスだけでなく会話をしたり精神的支えになったりするロボットが誕生するまでに、あと40年はかかるだろうと指摘している。
(中略)
 罪悪感や病気の心配のない、際限なく続くセックス。レビー氏にとって「夢」かもしれないが、それを「わびしい悪夢」と捕らえる人もいる。

 ニューヨーク(New York)を拠点とするセクソロジストのYvonne K. Fulbright氏は、「セックスボットには、相手を探す男性を中心に、すき間的な需要があるかもしれない。でも、人間がロボットに恋することは信じがたい」と言う。「セックスロボットを相手にすることには恥ずかしさがつきまとうはずだ。セックスボットが自分にとって最後の手段となったら、その人は自分を『負け犬』だと感じるだろう」

 レビー氏は「女性もセックスボットに興味があるはずだ」と指摘しているが、この点に関しては「レビー氏は的外れだ」とFulbright氏は言う。「バイブレーターが好きな女性もいるかも知れないけれど、それに恋するわけではないでしょう?」

(※ばっさり中略しました。全文はソース元でどうぞ)
ソース(AFP BB News) http://feeds.afpbb.com/~r/afpbbnews/~3/1277824/2632374
[ 2008/02/14 21:26 ] 未来 | TB(0) | CM(0)

2050年には人間はロボットとセックスしている 

1 :ぽキール星人φ ★:2008/01/07(月) 11:33:51 0
ロボット 人工知能の専門家であるデヴィット・レヴィ氏は、人類は2050年までにはロボットとセックスしていると主張しています。
 その頃にはロボットと本物の人間は、ほとんど見分けがつかなくなっているそうです。

 彼の本によると、これらのセックスロボの登場により利益を得る人間は、容姿がとても醜い人、または恋愛ができない人であるとのことです。大きなお世話です。。。

「彼らはとても孤独で、そして惨めだ。私は、彼らが他の人にどんな危害を与えることもなく、彼らを安心させる選択肢を持つ時、社会が非常により良い場所であると考えています。」

「もしもこのようなセックスロボが登場した時には、私は経験してみたいと思っています。私の容姿が醜いからではありません。それは好奇心からです。幸いにも私は結婚していますね。」

 そういえば一昔前に「ちょびっツ」という漫画が流行ったことがありました。あの漫画に登場したようなロボット(パソコン?)が世に出回るのでしょうか?値段が高くならないのであれば歓迎しますが、2050年が今から楽しみです。


ソース:デジマガネット
http://digimaga.net/news/20080107/sex_with_robots_by_2050/
[ 2008/01/25 17:16 ] 未来 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。